どこに発生するのか

ハトがどこに発生するのか知っておくと、とても役に立つでしょう。素早く害鳥の発生を把握できるようになるからです。早速、ハトの発生場所の違いを見ていきましょう。都市と住居でハトが好む場所が変わってくるのです。

ハトの発生場所を比較

都市での発生場所

一般的に住居と違い、都市では畑や公園などにハトが集まることが多いでしょう。エサの確保ができる場所を好むのです。また、住居と違い休憩できる場所も多いので、畑や公園が狙われます。

住居での発生場所

都市部と比べると、住居の場合はベランダの手すりやエアコンの室外機付近に集まります。特に、室外機は壁に三方向が囲まれていることから、狙われやすいのです。都市よりも巣を作られやすいでしょう。

ハト以外にも撃退するべき害鳥がたくさんいる

鳩

カラス

ハトについで日常的に目にすることが多い害鳥がカラスです。ハトなど足元にも及ばない程頭が良いことで知られています。基本的に繁殖能力は高くないですが、ゴミを荒らしてしまうことも多いので撃退する必要があるでしょう。

鳥

ムクドリ

ハトよりも目にすることは少ないですが、集団で現れるのがムクドリです。その為、被害は大きくなってしまうでしょう。基本的になんでも食べる雑食性です。季節によって移動するので、ムクドリが襲来するようになったら警戒しておきましょう。

色々な害鳥

害鳥の種類は様々です。種類に合わせた対策が必要となるでしょう。また、普段から害鳥が寄り付かないような対策を心がけるとよいです。

広告募集中